11月 28, 2021 14:12 Asia/Tokyo
  • 欧州でも、コロナ新変異種「オミクロン株」の感染例が確認
    欧州でも、コロナ新変異種「オミクロン株」の感染例が確認

南アフリカで確認された新たなコロナ変異種「オミクロン株」が、イギリスやドイツ、それにイタリアといったヨーロッパ諸国でも相次いで感染例が確認されています。

NHKが28日日曜、報じたところによりますと、南アフリカで確認された新たな変異ウイルスはWHO世界保健機関が今月26日、現在、広まっているデルタ株などと同じ「懸念される変異株」に指定し、「オミクロン株」と名付けました。

この変異株はこれまでに南アフリカの隣国のボツワナや香港、それにシオニスト政権イスラエル領で感染が確認されたほか、ヨーロッパではイギリス、ドイツ、ベルギーに続いてイタリアでも確認されました。

イタリアで感染が確認されたのはアフリカのモザンビークからの帰国者1名で、オランダでは、南アフリカから飛行機で到着した乗客のうち61人の陽性が確認されたほか、複数の人が新たな変異ウイルスへの感染が疑われるとして当局が確認を急いでいます。

この新たな変異ウイルスの持つ感染力や重症化のリスク、ワクチンの効果への影響などはまだ明らかになっていませんが、各国の間でアフリカ南部からの入国を制限する動きが広がっています。

こうした中でイスラエルは27日土曜、水際対策を強化し、ヨーロッパを含むほかの地域からも含めてすべての外国人の入国を14日間、禁止する措置に踏み切りました。

さらにイギリスが人口の大半を占めるイングランドで公共の交通機関や小売店でのマスクの着用を再び、義務づけるなど国内での規制強化に乗り出すところもあり、各国で対策を一段と強める動きが出ています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ