11月 30, 2021 16:49 Asia/Tokyo
  • 原油  
    原油  

原油先物価格が、2%余り急反落しました。

ロイター通信が30日火曜、豪メルボルンおよびシンガポールから報じたところによりますと、この現象は新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン」へのワクチン効果を巡る報道を受けたものとされています。

日本時間午後3時05分時点で、ヨーロッパ産主要銘柄の北海ブレント先物は1.82ドル(2.5%)安の1バレル71.62ドル、米WTI先物は1.61ドル(2.3%)安の68.34ドルとなっています。

米製薬大手モデルナのバンセル最高経営責任者・CEOは、イギリスの新聞フィナンシャルタイムズの取材に対し、オミクロン株へのワクチン効果について、デルタ株と比べて低下する恐れがある点を指摘していました。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ