1月 15, 2022 20:13 Asia/Tokyo

世界の原油価格が続伸し、ブレント原油先物は1バレル=86ドルを記録して10月27日以来の最高値となりました。

ロシアのスプートニク通信によりますと、原油価格の上昇率はこの一週間で5~6%に達しています。

ブレント原油先物3月物の価格は、日本時間午前3時10分時点で1.74%増の85.94ドル、一時は86.09ドルに達し、2021年10月末以来の最高値となりました。WTI先物2月物の価格は2.12%増の83.86ドルとなっています。

ブレント、WTIの価格は一週間でそれぞれ5.2%、6.4%も上昇しました。価格高騰の背景には、ドル安と需要の増加が挙げられます。

 


ラジオ日本語のソーシャルメディアもご覧ください。

Instagram    Twitter    urmediem


 

タグ