1月 16, 2022 19:34 Asia/Tokyo
  • 米国は深刻な国内紛争の瀬戸際にある
    米国は深刻な国内紛争の瀬戸際にある

歴史家らの間で、アメリカが深刻な国内紛争の瀬戸際にある、との見方がなされています。

ロシア・スプートニク通信によりますと、米国の著名な歴史家でイェール大学教授のティモシー・スナイダー氏は、ビジネスインサイダーのインタビューで、社会的危機が起こっている米国の状況は楽観視できない、との見方を示しています。

また、「米国が国の崩壊につながる可能性のある深刻な紛争の瀬戸際にあることを物語る特定の指標が懸念を呼んでいる」と説明しました。

そして、ドナルド・トランプ前米大統領が2024年の米大統領選挙で勝利した場合、米国は現在の形で存在しなくなる可能性があると考えています。

スナイダー氏によると、内戦勃発の前提条件を研究している人々は、米国の状況を「あまりよくない」と考えており、同氏は、社会の激しい二極化と暴力の賞賛について指摘しました。

さらに、米国では将来的に大統領選挙において技術的には明確な差で敗北するものの、ある「トリック」を使ってそのポストを手にする人物が大統領になる可能性もあるとの見方を示しています

続けて、「このシナリオは内戦と国の崩壊につながる可能性がある」とし、「これは現在の形で米国が存在することを不可能にする政治的再建につながる紛争だ」と述べました。

 


ラジオ日本語のソーシャルメディアもご覧ください。

Instagram    Twitter    urmediem


 

タグ