1月 16, 2022 20:06 Asia/Tokyo
  • オミクロン株
    オミクロン株

WHO世界保健機関のロシア代表であるメリタ・ブイノビチ氏が、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」のリスクはより低い可能性が高いとしました。

ロシアのスプートニク通信によりますと、ブイノビチ代表はYouTubeチャンネル「ソロヴィヨフ・ライブ」の生中継に出演した中で、オミクロン株はよりリスクが低い可能性があることを示す証拠があると発言しました。しかし、依然として危険であることに変わりないと釘を刺しました。

また最初の半年間はワクチンによる重症化リスクの防止は期待できるものの、時間とともにワクチンによる防御力は低下することから、世界が依然としてエピデミックのピークにあることに変わりないと指摘しました。

 


ラジオ日本語のソーシャルメディアもご覧ください。

Instagram    Twitter    urmediem


タグ