1月 22, 2022 20:20 Asia/Tokyo
  • 英国での貧困
    英国での貧困

英国では前例のないインフレや食糧・光熱費の高騰により、多くの家庭がさらなる貧困に陥っています。

プレスTVによりますと、英国では昨年12月にインフレ率が過去最大の5%に達したことで、食糧・光熱費が高騰し、多くの人の生活水準が下がっています。

各種統計によると、昨年は250万人以上の英国市民が慈善団体から食物を受け取っています。

慈善団体は、インフレにより同国の貧困状況がますます深刻化するだろうと警告しています。

現在、英国ではパンが4.5%、バターが27%、卵が5.4%値上がりしているほか、インフレは輸送費、衣類、光熱費にも及んでいます。

しかもイギリスでの物価の値上がりはこれで終わりではなく、今年春からは公共サービスの対価も値上がりすることになっています。

経済学者らによると、イギリスのEU離脱、新型コロナウイルス、サプライチェーンなどの問題がその他の危機とあいまって、インフレが伸長する原因となっているということです。

専門家らの予測では、英国の経済状況は今後さらに悪化するとされています。

 


ラジオ日本語のソーシャルメディアもご覧ください。

Instagram    Twitter    urmediem


タグ