4月 19, 2022 19:32 Asia/Tokyo
  • クラスター爆弾
    クラスター爆弾

米紙ニューヨークタイムズが、「ウクライナ軍はロシア軍を後退させるために、ある村をクラスター爆弾で集中砲火した」と報じました。

複数の国際人権団体はこれ以前に、禁止されているクラスター爆弾をウクライナのグサロフカ村で先月に使用したとして、ロシア軍を非難していました。しかしニューヨークタイムズは、この地域の証拠を調査した結果、クラスター爆弾がウクライナ軍から発射されたという結論に達したとしました。

ミサイル、爆弾、砲弾などに搭載されるものを含めたクラスター爆弾を禁止する国際的な条約(通称:オスロ条約)は、100カ国以上の署名を集めたことにより、2010年に発効しています。しかし、ウクライナはアメリカ、ロシアとともに、この条約には署名していません。

 ローズマリー・ディカルロ国連政治・平和構築担当事務次長はこれ以前に、ロシアとの紛争でウクライナ軍がクラスター爆弾を使用したとする報告について、国連が調査中であると語っていました。

ロシアはこれまでに繰り返し、戦争に関する現行の条約には違反しないと表明しており、ウクライナ軍が民間人の背後に隠れて、非軍事地区に兵器を配備するというテロリストまがいの方法を取っているとも指摘しています。

 


ラジオ日本語のソーシャルメディアもご覧ください。

Instagram    Twitter    urmediem


タグ