May 14, 2022 20:26 Asia/Tokyo

世界的な原油価格の上昇により、全米各地のガソリン価格が過去最高を更新しました。

ロシア・トゥデイによりますと、AAA・アメリカ自動車協会は、全米各地のガソリンスタンドにおけるガソリン価格が、13日金曜夜時点で過去最高に達したと発表しました。

この発表によると、1ガロン(3.78リットル)あたりの平均価格は4.43ドルに上昇しました。この数値は、全米各地のおよそ6万のガソリンスタンドの情報をもとに算出されています。

カリフォルニア州は平均して最も高いガソリン価格で、1ガロン・5.87ドルとなっています。

先週、アメリカのガソリン価格は日に日に上昇し、その原因は世界市場における原油価格の高騰でした。政府によるガソリン価格抑制の努力も功を奏していません。

昨日の取引では、原油価格は1バレル・110ドルを突破し、米国産原油も109ドルの線に到達しました。

各国の石油・燃料備蓄量も、需要の増加で減少しており、需要の高まりに反して供給量は限られています。

ウクライナ危機も石油価格高騰の一因となっています。アメリカをはじめとする各国がロシア産石油の制裁に動いているからです。ロシアは、世界の石油生産・輸出をリードする国のひとつです。

 


ラジオ日本語のソーシャルメディアもご覧ください。

Instagram    Twitter    urmediem


 

タグ