May 16, 2022 21:18 Asia/Tokyo

米カリフォルニア州ラグーナウッズの教会で15日、銃撃事件が発生し、少なくとも1人が死亡、4人が重体となっています。

米CNNによりますと、同州オレンジ郡保安官事務所は「被害者は全員が大人で、病院に向かっている」「1人は現場で死亡した」とツイートし、別の1人が軽傷を負ったと伝えました。

このツイッターによれば、容疑者1人は現場で取り押さえられ、事件に使われたとみられる武器は捜査当局が回収したということです。

同州オレンジ郡消防当局も、救急隊が現場で複数の負傷者を手当てして病院に搬送しているとツイートしています。

カリフォルニア州のギャビン・ニューサム知事は、ツイッターへの投稿で「誰も礼拝の場へ行くことを恐れる必要はない」と述べ、犠牲者や関係者に哀悼の意を表しました。

公式統計によりますと、米国内にはおよそ2億7000万から3億丁の銃器が出回っています。これは国民一人当たりほぼ1丁の武器を持っている計算になります。

全米各地では、武器携帯が自由であるために毎日のように銃犯罪が起こっており、その大半で死者が出ています。しかし、銃ロビー団体の力が非常に強いことから、米議会は武器所有を制限するには至っていません。

 

 


ラジオ日本語のソーシャルメディアもご覧ください。

Instagram    Twitter    urmediem


 

タグ