May 22, 2022 20:45 Asia/Tokyo
  • ウクライナ財務相
    ウクライナ財務相

ウクライナのセルゲイ・マルチェンコ財務相が、ロシア資産の没収とそのウクライナへの譲渡を日本側に求めました。

ロシア・スプートニク通信によりますと、ウクライナのドミトロ・クレバ外相はG7・主要7カ国に対し、露の資産を没収してウクライナに譲り渡す法律を制定するよう求めており、マルチェンコ財務相は、「没収資産はウクライナ復興に充当できると期待している」と述べたということです。

また、マルチェンコ財務相は、日本に凍結された露資産があることに触れ、それらをウクライナの復興に利用できるよう「日本側にシグナルを送る」と語り、ウクライナにおける特殊軍事作戦を決行した露は「ウクライナの復興のために代償を払わなくてはならない」としたということです。

露中央銀行は日本銀行に資産330億ドル(約4兆円)を預託しており、露の外貨準備高の約6%に相当する。日本は対露制裁の一環として、この外貨準備を凍結しています。

しかし、日本の鈴木俊一財務相は去る3月末、日本の法令に基づき資産の没収はできないとの考えを明らかにしていました。

 


ラジオ日本語のソーシャルメディアもご覧ください。

Instagram    Twitter    urmediem


 

タグ