6月 12, 2022 17:27 Asia/Tokyo
  • ルーブル
    ルーブル

ロシア宇宙開発機関トップのドミトリー・ロゴージン氏が、同国のソユーズ宇宙船を利用して地球に到着したアメリカの宇宙飛行士の帰還費用をルーブルで受け取ったと発表しました。

アメリカは、他の欧州諸国とともに今年3月から、ウクライナでのロシアの特殊軍事作戦を口実に、同国に対し経済分野を中心とした制裁を課しています。

これらの制裁を受けてロシア政府は、自らが非友好国と定めた国に対し、特に天然ガスなどの貿易においてルーブルで支払いを行うことを求めました。

このロシア政府の措置は、ウクライナでの紛争によって大幅に下落したロシア・ルーブルの通貨価値を高めるためのものです。

ロシアのスプートニク通信が11日土曜、報じたところによりますと、ロゴージン氏は、NASA米航空宇宙局のマーク・ヴァンデハイ(Mark Vande Hei)飛行士がロシアのソユーズ宇宙船を使い地球へ帰還した費用を、1か月遅れで受け取ったことを明らかにしました。

同氏は、「我々はこの費用の全てを、NASAではなく今回のミッションの仲介役である米宇宙企業のアクシオムスペースから受け取った。彼らによる支払いは丁度1か月遅れとなり、全額ルーブルで支払われた」と述べました。

ロゴージン氏によれば、NASAはヴァンデハイ氏のISS国際宇宙ステーション滞在を計画する際にアメリカ議会からの圧力にさらされました。そのため、民間企業のアクシオムを通して、同氏のためにソユーズ宇宙船の座席の購入することになりました。

 


ラジオ日本語のソーシャルメディアもご覧ください。

Instagram    Twitter    urmediem


 

タグ