6月 25, 2022 13:14 Asia/Tokyo
  • ロシア下院
    ロシア下院

ロシアの上下両院の議員グループが、9月3日の第二次世界大戦終結記念日を「軍国主義日本に対する戦勝及び第二次世界大戦終結の記念日」に改める法案を下院に提出しました。

ロシア・スプートニク通信によりますと、今月21日、ロシア下院は、今回の法案に似た2020年にロシア共産党が提出した9月3日の第二次世界大戦終結記念日を「軍国主義日本に対する戦勝記念日」に改める法案を否決しています。

これに関して下院国防委員会も反対票を投じたものの、同委員会は新たな法案の共同起草者となりました。

新たな法案には説明文が添付されており、そこでは軍国主義日本に対する勝利についての文言を「歴史的公正の反映」として確立する必要性が述べられています。

またこの説明文では、名称変更のアイデアは、去る2月24日にウクライナで特殊軍事作戦が始まった当初から「日本がロシア連邦に対して先例のない非友好的なキャンペーンを展開」したことと関連している、と指摘されています。

さらに法案の起草者らは、名称変更では、1945年に日本で機能していた政治体制であり、その転覆は地球上に平和を構築するために重要であった「軍国主義日本」と指摘することの重要性を強調しています。

 

ラジオ日本語のソーシャルメディアもご覧ください。

Instagram    Twitter    urmediem

 

タグ