6月 25, 2022 18:03 Asia/Tokyo
  • 国連のグテーレス事務総長
    国連のグテーレス事務総長

国連のグテーレス事務総長が、国連海洋会議の参加者からロシアを除外することに反対しました。

海洋と海洋資源の保全と持続可能な利用の実施推進を目的とした国連海洋会議は、今月27日から7月1日にかけてポルトガルのリスボンで今年の会合を行う予定です。

イルナー通信によりますと、グテーレス事務総長は現地時間の24日金曜、ポルトガルのルサ通信に対し、「ロシアは国連海洋会議の参加者から除外されるべきではない」と語りました。

続けて、「この度の会合の目的は、すべての国々の気候政策を変えることであり、会議参加者リストから一国を削除することは道理にかなっていない」と指摘しました。

ポルトガルのクラヴィーニョ外相はこれ以前に、今回の国連海洋会議へのロシアの参加を確認し、「ロシアは国連加盟国であり、この会議にも参加する予定である」と述べています。

ロシアからは、気候問題担当大統領特使のエデルゲリエフ氏が率いる代表団が、ポルトガルでの会議に出席することになっています。

 


ラジオ日本語のソーシャルメディアもご覧ください。

Instagram    Twitter    urmediem


 

タグ