3月 31, 2021 21:18 Asia/Tokyo
  • アゼルバイジャン、ノウルーズ健康、恩恵、豊かさの始まり
    アゼルバイジャン、ノウルーズ健康、恩恵、豊かさの始まり

各国の文化や伝統において、歴史的、文化的起源と共に、文化的信条とアイデンティティを表し、その社会の真の姿を顕現する日があります。

新年に関する祝祭や伝統は、世界的に人々に祝われている祝祭のひとつです。

各社会は、その歴史、文化、宗教的な理解に基づき、新年の開始を盛大な祝祭や儀式の実施の枠内で尊重しています。中央アジアアフガニスタンパキスタントルコなどの国でのノウルーズの特別な地位に注目し、このシリーズで各国で行われているノウルーズの祝祭を見ていくことにいたしましょう。

アゼルバイジャンの国民の大祝祭のひとつに、ノウルーズがあります。ノウルーズは紀元前からアゼルバイジャンで行われ、人々はこの祝祭を友好と善良の祝祭としています、ノウルーズは豊作の祝祭で、健康と恩恵、豊かさの始まりと言われています。

アゼルバイジャンノウルーズは通常、新年の数日前に、様々な儀式の実施によって始まります。恩恵の象徴である麦の芽の栽培、家庭でのノウルーズのお菓子作り、家の大掃除、公共の場所の電飾設置、友人や知人の訪問、こうしたことがアゼルバイジャンのノウルーズの慣習とされています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ