最新の番組

  • ナーセル・ホスロー(4)

    ナーセル・ホスロー(4)

    10月 15, 2019 13:31

    イスラム暦5世紀における、イランの高名な詩人で思想家のナーセル・ホスローは、若い頃に宮廷に仕え、そこで過ごしていましたが、43歳のとき、ある夢を見たことで精神的な変化を遂げました。彼は7年間、故郷を離れメッカのカーバ神殿などを訪れたあと、故郷に帰り、宮廷への出仕をやめ、禁欲生活と崇拝行為、哲学や思想の教育に従事するようになりました。

  • ナーセル・ホスロー(3)

    ナーセル・ホスロー(3)

    10月 14, 2019 13:50

    ナーセル・ホスローは、シーア派の一派であるイスマイール派への傾向を見せていたことから、多くの敵や反対者を持つようになり、この敵意により、彼は困難な生活を送るようになりました。彼は敵意や恨みから遠ざかり、安らぎを得るため、現在のタジキスタンに当たるバダフシャーン渓谷に移りました。彼の作品の多くは、この土地に滞在していた15年間に記されています。これらの中で、後世まで残された貴重な作品として、『旅行記』があります。

  • ナーセル・ホスロー(2)

    ナーセル・ホスロー(2)

    10月 13, 2019 14:10

    今回は前回の続きとして、11世紀のイランの優れた思想家で、広大なイラン文化圏で生活していた、詩人のナーセル・ホスローの生涯とその作品について検討することにしましょう。 前回は、ナーセル・ホスローが西暦11世紀に当たるイスラム暦の5世紀の高名な詩人であり、若いころから宮廷に使え、43歳の時にある夢を見たことから、精神的な変化を遂げ、メッカ巡礼に出たとお話しました。彼は旅に出てから7年後、故郷に戻り、宮廷に使えることをやめ、禁欲生活と神学研究、思索にふけりました。

  • ナカタ・カオリさん

    ナカタ・カオリさん

    10月 10, 2019 21:56

    「イスラム教徒のモスクの精神性にあふれる魅力が私を魅了し、私は一歩一歩、歩み出し始めました。ある声が私の耳に響き、『あなたはもうじき真理を理解できるだろう』という吉報を与えていると感じたのです」

  • ナーセル・ホスロー(1)

    ナーセル・ホスロー(1)

    10月 10, 2019 19:39

    「ホッジャト」、すなわち師匠と称されるナーセル・ホスローは、イスラム暦5世紀、つまり西暦11世紀のイランにおける詩人で評論家、研究者でした。彼は1003年、現在のアフガニスタンにあたるバルフ近郊のガバーディヤーンに生まれました。

  • ファッロヒー・スィースターニー

    ファッロヒー・スィースターニー

    10月 09, 2019 13:36

    今回は、10世紀のイランの大詩人、ファッロヒー・スィースターニーについてお話することにいたしましょう。

  • アボルハサン・キャサーイー・マルヴズィー

    アボルハサン・キャサーイー・マルヴズィー

    10月 08, 2019 13:47

    今回はペルシャ語文学における偉人、キャサーイー・マルヴズィーについてお話しすることにしましょう。

  • アブー・バクル・シェブリー

    アブー・バクル・シェブリー

    10月 07, 2019 15:27

    9世紀から10世紀にかけての偉大な神秘主義思想家、アブー・バクル・シェブリーについてお話しすることにしましょう。

  • アボルヘイル(4)

    アボルヘイル(4)

    10月 06, 2019 13:33

    これまで繰り返しお話したように、アボルヘイルは10世紀から11世紀にかけて活動したイランの偉大な神秘主義哲学者であり、イラン北東部から中央アジアを含むホラーサーン地方のミーハナ村で生まれ、多くの師の教えを受け、生まれ故郷で81歳で死去しました。研究者は、アボルヘイルをイラン初の神秘主義詩人で、サナーイーやアッタールなどのイランの神秘主義詩人の先人だとしています。また、アボルヘイルに関する書籍としては、『神の唯一性の秘密』、『アブーサイード言行録』、『アブーサイードのマカーマート』の3つが現在まで残っていることについても、お話してきました。