9月 08, 2022 20:37 Asia/Tokyo

皆様こんにちは。このシリーズでは、イランで実際に使われているペルシャ語の生きたことわざや慣用句、言い回しなどを毎回1つずつご紹介してまいります。

今回ご紹介するのは、「あなたの為に熱を出す人のために死ね」です。

ペルシャ語での読み方は、Har ke bahr-at tab konad bahr-ash bemirとなります。

このことわざは、文字通りの意味から何となく本来の意味をご想像できた方も多いかと思います。つまり、「本当にあなたの事を思ってくれる人のために尽くし、自分を犠牲にする気持ちを持ちなさい」ということを意味しています。

日本語でも「士は己を知る者の為に死し、女は己を説ぶ者の為に容づくる」という名句が知られており、これは前漢の司馬遷がまとめた歴史書『史記』に述べられています。いずれのことわざも、「自分の価値をわかって待遇してくれる人のためには、命をも投げ出す」という意味ですが、「この人のためなら」と思える人がいる、または自分に対してそう思ってくれる人がいるということは、人間としてこの世に生まれてきて一番幸せなことではないでしょうか。

特にこれまでの2年半ほどの間で、コロナの世界的大流行やウクライナ危機などにより、世界は大きく変貌しました。西洋の占星術では、特にコロナ前の時代を、物質的な豊かさなどが重視されがちだった「地の時代」とし、2021年以降をそれまでとは全く違う「風の時代」呼んでおり、それまでの「モノ」中心の価値観から「精神的な財産」などに重きを置く価値観に変わってきているといわれています。

そのような時代になっているからこそ、これからは益々1人1人の人間の価値や心の豊かさが大切になってくるのではないでしょうか。決して物質的、表面的な目的ではなく、本当に心から誰かを思ってその人のために尽くすことで自分も満たされる、また他人からそのように思ってもらえるような、本当の幸せを目指したいものですね。それではまた。

 


ラジオ日本語のソーシャルメディアもご覧ください。

Instagram     Twitter     Youtube     urmediem


 

タグ