3月 08, 2017 17:42 Asia/Tokyo
  • 知識の習得(1)

知識は、世界のどこにいようとも、習得し、学ぶべきものです。

知識は世界のどこにいようとも、習得し、学ぶべきものです。知識は富や財産のように強奪できるものではありません。世界のどこにいても光り輝くものです。そのため、宗教の教えでは、知識を蓄えることが強く勧められており、生まれた時から死ぬ時まで、それを追い求めることが推奨されています。

シーア派初代イマーム、アリーは次のように語っています。

「知識を追い求めなさい。知識を持つ者は尊敬される。たとえ高貴な家庭に生まれていなくても尊敬される。貧しくても尊敬される。たとえ若かったとしても」

 

コメント