2017年07月20日18時20分
  • 服飾品
    服飾品

現代の生活において、服飾品は、繊維産業の最終的な生産品として、非常に重要な役割を果たしています。

衣料品は、人間の最も基本的なニーズのうちのひとつを満たすもので、あらゆる社会の文化を象徴しています。世界経済においても、服飾産業は、雇用の創出をはじめとするさまざまな理由によって、各国、特に開発途上国の重要な産業のひとつとなっています。

 

繊維・服飾産業は、農業や石油化学に始まり、最終的な製品に至るまで、長い段階を経ることから、高い雇用創出率を誇っています。また、利益率が高く、2ドル以下のコットンから、ブランドものの80ドルのTシャツを生産することができます。この他の服飾産業の強みは、輸出と外貨収入が可能なことです。

服飾品

 

今日、世界の多くの国が、国内市場の需要を確保すると共に、他国に提供する目的で、衣料品の生産部門に投資を行ってきました。衣料品の主な輸出国は、スペイン、イタリア、トルコ、中国、バングラデシュ、台湾、タイ、ベトナム、スリランカとなっています。

 

WTO世界貿易機構の報告によれば、2013年の服飾産業の輸出額は、4000億ドル以上で、それは繊維産業の輸出量の55%以上、世界の輸出品全体の2.5%を占めています。現在、世界の服飾市場の規模は、1兆1000億ドルとなっています。

 

世界で衣料品の消費が最も多いのは、EUやアメリカ、中国、日本です。これらの国は世界の人口の3分の1を占めており、世界で生産される衣料品の75%を消費しています。つまり、残りの65%の人口によって、生産された衣料品の25%が消費されていることになります。

服飾品

 

2025年には、世界の繊維・衣料品産業市場は、大幅に成長すると予想されています。世界の衣料の年間消費量は、平均83%増加し、153ドルから280ドルになると見られています。また2025年には、世界の衣料消費市場の規模が2兆ドルを超えると予想されています。これは、ほぼ1兆ドル拡大し、この産業における雇用が増加することを意味しています。

 

2025年、世界の衣料消費市場の中心は、中国とインドの2カ国になります。中国の国内需要の増加、生産経費の増加と利益の成長率の減少により、衣料品の供給量は急速に減少します。これは、世界の衣料品の取り引きにおける中国のシェアの縮小につながるでしょう。中国のシェアの縮小は、他の国々に衣料品市場への進出の機会を与えることになります。そしてそのことは、世界の人口の増加と共に、他国の衣料品メーカーにとっても、非常に明るい展望を描くものとなるでしょう。

 

世界における衣料産業の展望

 

現在、アジアは、世界最大の繊維・衣料品生産国です。アジアは、これらの製品の国内消費の新たな段階に入ろうとしています。2025年には、衣料品をめぐる アジアの取り引き額は、現在の倍となり、3500億ドルに達すると見られています。

 

衣料産業におけるイランの消費市場は、歴史、優秀な人材、数千の工場、この分野の成功の明るい展望などを有しています。現在、イランの工場全体の11%を、繊維・衣料産業の工場が占めており、この分野の職業に28万人以上が従事しています。この分野の経済的な規模は、およそ140億ドルから150億ドルであり、2025年までに2倍に増加すると見られています。現在、イラン国民の一人当たりの衣料品の年間消費額は、およそ150ドルとなっています。

 

イランの衣料産業

 

イランは、紳士服、婦人服、子供服など、さまざまな衣料品を輸出しています。近年、衣料品は、イランの非石油製品の輸出品目の3位となっています。主な輸出市場は、イラク、アフガニスタン、中央アジア、一部のアジア諸国です。

服飾品

 

イランは、地理的な状況や地域の3億人の市場へのアクセスなど、さまざまな理由により、経済的な戦略の中心地と見なされ、衣料品をはじめとするイランのさまざまな経済部門への投資は、高い利益を見込むことが可能です。

 

衣料産業におけるイランの戦略的な政策の一つは、衣料品の生産、アウトレットモール、国際的なデザイン専門学校などを含む150ヘクタールの衣料特別経済区の建設計画です。この他、イランの衣料品産業の工場に向け、さまざまな活動が行われています。

イランの衣料特別経済区の創設

 

衣料品部門に携わる組織は、服飾、繊維部門で活動する学術機関の協力を得て、さまざまなコンテストやフェスティバルを開催することにより、イランの衣料品を紹介するための機会を設けています。

 

 

タグ

コメント