4月 04, 2018 16:30 Asia/Tokyo
  • 同性愛が人々や社会に及ぼす影響(1)

前回は片親のみの家庭の増加と、この現象特に、家庭における父親の不在が子どもの行動、躾や教育、保健衛生にもたらす影響についてお話しました。

残念ながら現在では、同性愛者どうしの結婚といった新しい家族形態も、本来あるべき家庭の基盤を数多くの問題や弊害に直面させています。そこで今夜は、同性愛が人々や社会に及ぼす影響について考えてみたいと思います。

 

現代の社会が瀕している危機の1つは、同性愛が広まっていることです。現代の世界では、産業や技術の発展は、人類を人工的な現象、さらには最新鋭のロボットの製造へと駆り立て、人類に更なる能力を付加しています。しかし、人類が精神性から遠ざかり、家庭の基盤が揺らいでいること、またバーチャル世界にのめりこんで現実の世界を忘れてしまっていること、人間の本能的な欲求を満たすために同性愛へと走ることで、人類は容易に現実の世界から逃避し、モラルから逸脱しやすくなっています。こうした現象は全て、異性の配偶者の存在による基本的な家族形態に代わる新たな家族形態を生み出すためのものです。その一方で、人間の本質や学問においては、このような方法が人々や社会にもたらしたものが失望や動揺でしかなかったことを示しています。

ここで、次のことに触れておく必要があります。家庭の基盤が崩壊し、結婚にそった価値観が無意味なものになれば、人々が結婚という枠組みから抜け出して乱交に走るのは当然であり、ひいては同性愛にまで手を出しかねません。現在、同性愛者たちは正当な方法で自らの行動を正当化するためにあらゆる手段を駆使します。それは、人間の持つ知性や本能では、家庭の存在が自然なものであり、同性愛は不自然な形態と解釈されるからです。先進国では、このような恐ろしい行動の結果として、初めてエイズ患者の発生が報告されています。即ち、そうした国々では、最も過激で多様性に富んだ男女の関係のあり方や性的なニーズを満たすという行為が、自由に行われ、広く一般に普及しているのです。

現在、同性愛は西側諸国において恐るべき速さで拡大しています。即ち、西洋の社会では、2人或いはそれ以上の同性愛者により構成される家庭といった、これまでにはなかった多数の形態の家庭が出現しているのです。こうした家族形態のモデルは、次第に伝統的な家族形態に取って代わりつつあります。現代のフェミニストの一部も、このような性的関係こそが、男女平等の現代において旧来的な家族形態に取って代わるものだと考え、これを自由で喜びに満ちた家庭だと見なしています。しかし、彼らはこうした自由や喜びが長期的に見ると一時的なものに過ぎず、結果的に社会に大きな悲しみをもたらすことには気づいていません。

 

今日、アメリカなどの国では、同性愛者同士の結婚が合法化されています。1970年代にアメリカで始まったゲイ解放運動は、近年では大きな旋風を巻き起こしており、一部の環境や社会においては、同性愛者を支援する団体が勢力を拡大し、もはや社会の少数派から多数派になっています。

近年において、同性愛者や彼らに同調する政策が横行している舞台の1つは、ハリウッドをはじめとする映画産業です。ハリウッドのスターたちは、公然と同性愛を広めています。このような現象は、ハリウッドが昔から家庭の基盤や結婚をないがしろにしてきた結果だと言われていますが、同性愛の影響は今やそのほかの社会における映画やテレビにも及んでおり、それらの社会にも弊害をもたらすと考えられます。

アメリカには、GLAAD・中傷と闘うゲイ&レズビアン同盟という団体が存在します。これは、同性愛者の利益のために努力し、同国内のメディアにおいてこうした人々を含むトランスジェンダーの人々の権利を擁護する非政府系組織です。この組織は、家族構造の変化や同性愛の正当化を目的に、同性愛者の利益を一般化し、世論に具体的な形で提示することを狙いとし、有力な手段としてのハリウッドに力を注いでいます。また最近では、一流のスターやエリートの中から選ばれた5000人のトランスジェンダーの支持者のための式典を開催しました。この式典にはアメリカのクリントン元大統領も参加し、同性愛者に対する支持を表明しています。

 

 

西側諸国の一部の政府は、自由や人権擁護を口実に、同性愛という恥知らずな行為を合法化し、同性愛者を支持しています。残念ながら、同性愛は今や世界各地で1つの文化としての地位を確立しており、同性愛者同士は公式な儀式において正式に結婚し、これを罪や恥とすら考えていません。こうした中、特にアメリカをはじめとする一部の社会では、批評家たちの間から何度も、同性愛は家庭の基盤の崩壊を招き、結婚という聖なる行為が失われるという警告が出されています。さらに、同性愛が合法化されている国では、家庭が憂うべき状態におかれており、カトリック教会はこれを懸念しています。

しかし、イスラムやその教えにおいては、同性愛や同性愛者との性的行為が強く非難されています。男性の同性愛者はゲイ、女性の場合はレズビアンと呼ばれ、これらはイスラムの伝承やコーランの節の多くにおいて忌み嫌われています。コーランでは、同性愛は不自然で不適切な行動とされ、結婚や家庭という枠組みによらずに同性愛により、性的、精神的なニーズを満たそうとする人々を無知で無駄遣いをする人々、落伍者、侵略者、犯罪者、暴君と呼んでいます。

コーラン第27章、アン・ナムル章『蟻』、第55節では次のように述べられています。

“男性諸君に告げる。あなた方は、自分の性欲にかられて、女性ではなく男性の方に向かうのか?”

また、コーラン第26章、シュアラー章『詩人』、第166節でも次のように述べられています。

“そして、あなた方は主なる神があなた方のために創造した配偶者を手放すのか?これではあなた方は完全な侵略者である”

 

タグ

コメント