2019年06月01日22時30分
  • ズールビヤー
    ズールビヤー

今回は、ラマザーン月に食べられるお菓子、「ズールビヤー」のレシピをご紹介して参りましょう。

【ズールビヤーのレシピ(2~3人分)】

 

<材料>

・片栗粉 ・・・1/2カップ

・ヨーグルト(水を切ったもの) ・・・1/2カップ

・小麦粉  ・・・大さじ2杯

・サフラン(すり潰しておく)   ・・・少々

・ごま油、またはサラダ油  ・・・適量

 

<シロップの材料>

・砂糖   ・・・6カップ

・蜂蜜   ・・・大さじ3~4杯

・バラ水  ・・・大さじ4~5杯

・レモン汁  ・・・大さじ2杯

 

<作り方>

片栗粉、水を切ったヨーグルト、小麦粉、水1/2カップを一緒に混ぜ、少し柔らかめの生地を作ります。生地の硬さは、水と小麦粉で調節します。

すり潰したサフランを少しずつ加えて、生地にサフランの黄色を出します。この生地を30分間、温かい場所に寝かして置きます。

この間に、ズールビヤーのシロップを作ります。シロップに使うすべての材料と、水3カップを混ぜ、弱火で5分~6分沸騰させます。その後、火を止めて、冷ましておきます。

ズールビヤーを作ります。生地を絞り袋に入れます。鍋に3~4cmの油を注ぎ、弱火にかけます。絞り袋に入れた生地を小さじですくって、油の中に入れます。(すぐに生地が浮き上がってくれば、適温です)

絞り袋の生地で、手のひらくらいの大きさの円を油の中に描きます。そしてその後、円の中にさらに幾つかの円を描いて、格子窓のような形に整えます。

生地が浮き上がったらひっくり返し、色が濃くなる前に、油から取り出して、シロップにつけます。

次のズールビヤーが出来上がるまで、シロップにつけておき、その後、別の容器に取り出します。これで、ズールビヤーの完成です。

 

生地に、卵黄1個か2個を加えると、なめらかで舌触りのよいズールビヤーができます。

 

 

ラジオ日本語のフェイスブックやユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

http://youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

タグ

コメント