11月 28, 2019 22:52 Asia/Tokyo
  • イランのクルド人女性 きらびやかな衣装
    イランのクルド人女性 きらびやかな衣装

今回は、イランの主要な民族であるクルド人についてお話しすることにいたしましょう。

考古学者の調査によれば、クルド人はイラン最大の、そして最古のアーリア民族であり、イランの山岳地やイラン高原の西側に昔から住んでいます。今日クルド人はイラン西部の地域、つまりコルデスターン、ケルマーンシャー、西アーザルバイジャーン、イーラーム、そしてまたイラン北東部の北ホラーサーンの各州に住んでいます。クルド人は、メディア人の王ホヴァシャタラと共に、紀元前およそ6世紀にアッシリアの首都ニネベを攻撃し、アッシリア人の王政を打ち倒しました。ギリシアの歴史家クセノポンは紀元前400年のクルド人の居住地域を黒海までの現在のクルド地域とみなしています。

クルド人はクルド語を話します。クルド語はイランの言語のうち最も主要な言語で、外国語の影響をほとんど受けておらず、ケルマーンジー、スーラーニー、フーラーミーあるいはウーラーミーの3つに分けられます。これらの派生言語はそれぞれ異なった方言で分けられており、概してクルド人の各地域でそれぞれの方言で話されています。

イランのクルド人

 

クルド人の多くは敬虔なイスラム教徒です。彼らは高貴で誇り高く、故郷を愛しています。約束事を守り、非常にもてなし好きです。また忍耐強く、才能に溢れ、射撃や乗馬、戦闘において高い能力を持つことで知られています。クルド人は郷土に強い愛着を持ち、何かやむを得ない事情が起こらない限り、そこから移住することはありません。

クルドの様々な部族の歴史は、戦争と闘争、献身に溢れています。彼らのすべてが一つの目的、つまりイランの独立の維持を目指しています。このため、16世紀半ば、初めてクルド人はサファヴィー朝の王によってイラン北東部のホラーサーン地域に移住させられました。一部の部族は17世紀、ナーデルシャーの時代にホラーサーンに移住しました。そのときから現在まで彼らの多くが北ホラーサーンに住み、わずかな数が遊牧民であり、ホラーサーンの最大の遊牧民の一派を形成しています。時の経過と共に、北ホラーサーンとイラン西部のクルド人の間に違いが生じるようになりました。今夜の番組ではイラン西部のクルド人についてお話しすることにいたしましょう。

イランのクルド人

 

ここまで、クルド人の歴史的な背景と、一部の民族の特徴についてお話しました。続いては、クルド人の男女の衣装についてお話いたしましょう。クルド人の町では、他のイラン人と同じような服装を身につけていますが、特に結婚式などの祝祭では、伝統的な服装を身につけることを好みます。クルド人の衣装は特に飾りと色において特別な豊かさ、多様性を有しています。クルド人の衣装は単一色ではなく、様々な色が使用されています。周辺の美しい環境と自然がこの多様性に大きな影響を及ぼしています。実際、西アーザルバイジャーン、コルデスターン、ケルマーンシャーといった地域でその形や色が異なっていますが、多くの共通性があり、この番組では一般的なクルド人の衣装についてお話しすることにしましょう。

クルド人の女性の衣装は、靴、ズボン、シャツ、チョッキ、上着、飾り用の布、ベール、バンド、腰に巻くショールとなっています。クルド人女性の靴は多くが天然の皮でシンプルなデザインで作られており、通常、絹糸で刺繍が施されています。ズボンはサテンの布で花柄となっており、シャツは等身大の長さで、ゆったりしており、前の部分は装飾用のスパンコールが縫い付けられています。シャツの袖口は三角形になっており、スパンコールが縫い付けられています。またチョッキは様々な色のビロードで作られており、また肩から下まで、コインや金の飾りがたくさんつけられています。

イランのクルド人の若者

 

女性の上着は、そのシャツと同じで丈が長く、シャツの上に着ます。上着は通常、錦や様々な色の布でできています。また頭のベールも特別な美しさと共に髪を完全に覆うものであり、特別な威厳を与えています。この中には頭に巻く長いショールと帽子が含まれており、スパンコールの飾りが施されています。腰に巻くショールは、長さ9メートル、幅はおよそ30センチとなっています。

クルド人の男性の衣装は、帽子、バンド、シャツ、上着、ズボン、腰に巻くショールとなっています。クルド人男性の頭のバンドは、絹でできた様々な色の布から出来ており、帽子の周りに巻かれます。バンドの縁には飾りの糸が垂れています。クルド人の男性のシャツの襟は丸くなっており、袖口からは三角形の布が垂れています。上着もまた様々な形で作られており、シャツの上に着ます。ズボンはゆったりとしており、彼らの活動の種類に調和しており、分厚い布でできています。クルドの男性たちはパスタクと呼ばれる上着も着ており、腰巻も女性と同じですが、その長さは18メートルから20メートルと倍以上になっており、鎖状に巻きつけます。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.youtube.com/

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283 

タグ

コメント