9月 25, 2020 17:05 Asia/Tokyo
  • お菓子「ゴッターブ」
    お菓子「ゴッターブ」

今回は、カルダモンを使ったイランのお菓子「ゴッターブ」をご紹介しましょう。

【ゴッターブのレシピ】

<材料>

・卵黄 ・・・2個分

・ヨーグルト ・・・100g

・油 ・・・100g

・小麦粉 ・・・150g

・ベーキングパウダー ・・・小さじ1杯

・アーモンド(皮を取って砕いたもの) ・・・250g

・粉砂糖 ・・・125g

・カルダモン(粉末にしたもの) ・・・小さじ1杯

・ピスタチオ(細かく砕いたもの) ・・・少々

ゴッターブ

 

<作り方>

ベーキングパウダー、卵黄、油、ヨーグルトを混ぜ、小麦粉を少しずつ加えます。

固すぎず柔らかすぎず、適度な堅さになるまでよく練ります。

(①)の生地をビニール袋に入れて、1時間~2時間寝かします。

アーモンド、粉砂糖、カルダモンを混ぜ合わせておきます。

寝かせた生地(②)に、アーモンド、粉砂糖、カルダモンを混ぜ合わせたもの(③)

を適量加え、生地をまとめます。(アーモンド、粉砂糖、カルダモンを混ぜ合わせたものは、後でまた使うので、少し残しておく)

麺棒で厚さ0.5cmになるように伸ばします。

⑥伸ばした生地(⑤)を、コップなどで円形にくり抜き、中央にアーモンド、粉砂糖、カルダモンを混ぜ合わせたもの(③)を置きます。(中身が周囲の生地に付かないように注意してください)

⑦生地を二つ折りにして、端をとめ、中身を包みましょう。(餃子の包み方の要領でいいかと思います。生地の端をねじって、口が開かないようにします。)

⑧油で揚げ、揚がったら余計な油を切ります。

⑨あら熱が取れたら、粉砂糖をまぶし、ピスタチオの粉を上に振りかけたら、ゴッターブの出来上がりです。

油で揚げずに、180度のオーブンで30分焼くことも出来ます。きつね色になったら取り出し、粉砂糖をまぶしましょう。

ゴッターブ

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ

コメント