May 20, 2022 03:23 Asia/Tokyo

皆様こんにちは。このシリーズでは、イランで実際に使われているペルシャ語の生きたことわざや慣用句、言い回しなどを毎回1つずつご紹介してまいります。

今回ご紹介するのは、「根元を斧で打つ」です。

ペルシャ語での読み方は、Tiishe be riishe zadanとなります。

この表現が意味しているのは、自滅する、自分で自分を窮地に陥れ、不運を招く、といった内容です。

文字通りの意味から何となく本来の意味をご想像できた方もいらっしゃるかもしれませんね。樹木を枝だけでなく、根こそぎ切ってしまう、または掘り出してしまうことで、切った所から新しい枝が生えてくることはなく、その樹木の存在そのものがなくなることになります。

ちなみに、この表現には発音の似た単語が含まれていることにお気づきの方もいらっしゃるでしょう。文頭に出てくるティーシェはペルシャ語で斧を意味し、リーシェとは植物などの根を意味します。

このように、ペルシャ語のことわざや慣用句には音韻の整ったものや語呂合わせのよいものも存在します。これからも、そうしたペルシャ語の面白さをたくさんご紹介してまいります。どうぞ、お楽しみに。

 


ラジオ日本語のソーシャルメディアもご覧ください。

Instagram    Twitter    urmediem


 

タグ